ネプツニウムの同位体

ネプツニウム 22(Np)は安定同位体を持たない。そのため標準原子量を定めることはできない。

19種の放射性同位体が特徴づけされており、もっとも安定な同位体は半減期214万年の237Npであり、次いで半減期15.4万年の236Np、そして半減期396.1日の235Npと続く。その他の同位体は半減期が4.5日以下であり、そのほとんどが50分以下である。また、4種の核異性体があり、もっとも安定なのは236mNp (t½ 22.5 時間)である。

ネプツニウムの同位体質量の範囲は225.0339 u (225Np) から 244.068 u (244Np)まで。

ネプツニウム237

ネプツニウム237は、ウラン238への高速中性子照射によって生成するウラン237がベータ崩壊して生成する[1]。なお、ネプツニウム237は、核兵器の爆発によって生成する[2]ことから、核実験の放射性降下物としても知られている[3]

一覧

同位体核種 Z(p) N(n) 同位体質量 (u) 半減期 核スピン数 天然存在比 天然存在比
(範囲)
励起エネルギー
225Np 93 132 225.03391(8) 3# ms [>2 µs] 9/2-#
226Np 93 133 226.03515(10)# 35(10) ms
227Np 93 134 227.03496(8) 510(60) ms 5/2-#
228Np 93 135 228.03618(21)# 61.4(14) s
229Np 93 136 229.03626(9) 4.0(2) min 5/2+#
230Np 93 137 230.03783(6) 4.6(3) min
231Np 93 138 231.03825(5) 48.8(2) min (5/2)(+#)
232Np 93 139 232.04011(11)# 14.7(3) min (4+)
233Np 93 140 233.04074(5) 36.2(1) min (5/2+)
234Np 93 141 234.042895(9) 4.4(1) d (0+)
235Np 93 142 235.0440633(21) 396.1(12) d 5/2+
236Np 93 143 236.04657(5) 154(6)E+3 a (6-)
236mNp 60(50) keV 22.5(4) h 1
237Np 93 144 237.0481734(20) 2.144(7)E+6 a 5/2+
238Np 93 145 238.0509464(20) 2.117(2) d 2+
238mNp 2300(200)# keV 112(39) ns
239Np 93 146 239.0529390(22) 2.356(3) d 5/2+
240Np 93 147 240.056162(16) 61.9(2) min (5+)
240mNp 20(15) keV 7.22(2) min 1(+)
241Np 93 148 241.05825(8) 13.9(2) min (5/2+)
242Np 93 149 242.06164(21) 2.2(2) min (1+)
242mNp 0(50)# keV 5.5(1) min 6+#
243Np 93 150 243.06428(3)# 1.85(15) min (5/2-)
244Np 93 151 244.06785(32)# 2.29(16) min (7-)
  • #でマークされた値は、全てが純粋に実験値から算出されたものではなく、一部体系的な傾向から導き出された推定値を含んでいる。明確なデータが得られていない核スピンに関しては、かっこ書きで表記している。
  • 数値の最後にかっこ書きで表記しているのは、その値の誤差を示している。誤差の値は、同位体の構成と標準の原子質量に関しては、IUPACが公表する誤差で表記しており、それ以外の値は、標準偏差を表記している。

脚注

  1. ^ “ネプツニウム-237(237Np)”. 原子力資料情報室. 2018年3月2日閲覧。
  2. ^ “ネプツニウム-237(237Np)”. 原子力資料情報室. 2018年3月2日閲覧。
  3. ^ “Neptunium-237 production from atmospheric nuclear testing”. IAEA. 2018年3月2日閲覧。

参考文献

  • Isotope masses from Ame2003 Atomic Mass Evaluation by G. Audi, A.H. Wapstra, C. Thibault, J. Blachot and O. Bersillon in Nuclear Physics A729 (2003).
  • Isotopic compositions and standard atomic masses from Atomic weights of the elements. Review 2000 (IUPAC Technical Report). Pure Appl. Chem. Vol. 75, No. 6, pp. 683-800, (2003) and Atomic Weights Revised (2005).
  • Half-life, spin, and isomer data selected from these sources. Editing notes on this article's talk page.
    • Audi, Bersillon, Blachot, Wapstra. The Nubase2003 evaluation of nuclear and decay properties, Nuc. Phys. A 729, pp. 3-128 (2003).
    • National Nuclear Data Center, Brookhaven National Laboratory. Information extracted from the NuDat 2.1 database (retrieved Sept. 2005).
    • David R. Lide (ed.), Norman E. Holden in CRC Handbook of Chemistry and Physics, 85th Edition, online version. CRC Press. Boca Raton, Florida (2005). Section 11, Table of the Isotopes.
1H   2He
安定
1億年〜
1万年〜
10年〜
100日〜
1日〜
1分〜
1分未満
魔法数
3Li 4Be   5B 6C 7N 8O 9F 10Ne
11Na 12Mg   13Al 14Si 15P 16S 17Cl 18Ar
19K 20Ca 21Sc 22Ti 23V 24Cr 25Mn 26Fe 27Co 28Ni 29Cu 30Zn 31Ga 32Ge 33As 34Se 35Br 36Kr
37Rb 38Sr 39Y 40Zr 41Nb 42Mo 43Tc 44Ru 45Rh 46Pd 47Ag 48Cd 49In 50Sn 51Sb 52Te 53I 54Xe
55Cs 56Ba *1 72Hf 73Ta 74W 75Re 76Os 77Ir 78Pt 79Au 80Hg 81Tl 82Pb 83Bi 84Po 85At 86Rn
87Fr 88Ra *2 104Rf 105Db 106Sg 107Bh 108Hs 109Mt 110Ds 111Rg 112Cn 113Nh 114Fl 115Mc 116Lv 117Ts 118Og
  *1 57La 58Ce 59Pr 60Nd 61Pm 62Sm 63Eu 64Gd 65Tb 66Dy 67Ho 68Er 69Tm 70Yb 71Lu
  *2 89Ac 90Th 91Pa 92U 93Np 94Pu 95Am 96Cm 97Bk 98Cf 99Es 100Fm 101Md 102No 103Lr
関連記事
カテゴリカテゴリ